地方会場開催報告

①静岡会場 ②長野会場 ③大阪会場 ④神奈川会場


①静岡会場(2015年6月7日(日)袋井市にて開催)

参加者61名 内:教師33名 一般19名 来賓 8名

序盤は、来賓の方々からの挨拶 3名。
ラグビーボールがなぜ、楕円形になっているのか?
そもそも、なぜラグビーボールをもってトライというのか?
ラグビー選手がトライした後と(サッカー選手が)ゴールした後のポーズの違いは?
このセミナーに来ていないとわからないことがある。

この答えは、横浜大会で報告されるだろう。
横浜大会では、記念すべき第一回の静岡セミナーの実践が発表される。
HP:http://rugby2019-kanagawa.jimdo.com
お申し込みはこちら!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ee31c7df361203

ラグビーセミナーが静岡からスタートしました。
郵便セミナー同様、参加者は、多岐にわたりました。
教師は、もちろん、静岡県のスポーツ振興課職員・市の職員・商工会議所・議員・指導者が一同に介しました。
ここまでは、1団体ができることですが、ここからがTOSSがやる仕事です。

具体的にモノを準備し語らせる。
だからこそ、次の仕事が、次から次へとイメージできます。

西阪先生は、次のように語っています。

本日、ラグビーワールドカップ推進教育セミナーのキックオフが、エコパスタジアムの地元静岡県袋井市で開催され、出席しました。県、市の幹部、地元ラグビー協会、商工会議所からもご参加いただき、大変素晴らしいセミナーでした。
 何と言っても、セミナーの企画、準備、運営をしていただいたTOSS の先生方の頑張りのおかげで立派な会にしていただきました。ありがとうございました。特に、短い準備期間にもかかわらず、充実したセミナーにしていただいた、静岡のTOSS の先生方にお礼申し上げます。
 これから、あと全国12会場そして全国大会と続きます。
 ともに頑張っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

第一回のセミナーに参加し感じたことです。

1. 2015 イングランド ラグビーワールドカップ
2016 リオ オリンピック

2019 ラグビーワールドカップ 日本
2020 オリンピック      日本

これは歴史上類を見ない初めてのことです。
日本にどれほどの影響が起きるのか、ましては、日本再生・復活のシナリオとも言われています。

2. ラグビーだからこそ全員が活躍する
今回、タグラグビーの良さを再確認しました。身体接触がない分女子が活躍し、トライができるのです。
複雑なルールも自分たちのクラスでアレンジすることで凡庸性も高まります。

3. 行政も広めたいラグビーの動き
行政が広めようとしている動きの2年先をTOSSは進んでいる。
西阪先生のおっしゃるとおりです。
その期待に応えるべく私たちは、第一回の静岡でラグビーセミナーを開催しました。
行政の方も驚いていましたが、どの講座も魅力あるものばかりで、全国の先生方に広めたいと強く感じました。

4. 子ども観光大使とのリンク
   紳士のスポーツを観戦に世界中から数多くの方々が参加します。
   例えば、船で停泊し日本を旅行をする人、プライベートジェッ
   トで直接空港に乗り入れ格納庫に飛行機を止める人・・・・
   そのような方々を相手に、TOSSが進めている子ども観光大使
   がボランテイアで案内し、地域の良さをお知らする。そのような
   光景を想像するだけもわくわくします。
   日本の良さを学び発信する子どもを世界は求めています。

5.ラグビー オリンピックを通して
  これら日本で開催されるイベントを通して、子どもたちには次のこ
  とを描いてほしいと西阪先生は、言われています。

 夢
 生きがい

これは、子どもだけではありません。
私たち大人も同様に、今後の日本の未来を描きながら上記の2つを教師として伝え、考えていかなければならない事例そのものです。

参加した方々の感想には今回のラグビセミナーの意義=レガシーそのものが語られています。

感想

磐田市スポーツ振興室の所属です。
教職員向けのセミナーでしたが、本質でも市民スポーツの振興に活用できる内容でした。【市職員】

ラグビーについて、今までほとんど知らなかったためにとても勉強になりました。つい最近まで、このラグビーワールドカップが開かれることさえ知りませんでした。
このセミナーで、ラグビーの授業の仕方や指導について知ることができて、私もやってみたいと思いました。
スポーツというと男の子ばかりが活躍してしまうけれど、タグラグビーは、女の子も楽しんでしかも活躍できるとあってみんなが笑顔になれるスポーツだと思いました。
まだまだ、ラグビーをしらないことが多いのでもっと勉強したいと思いました。
ありがとうございました。【女性】

ラグビーの良さやワールドカップの凄さがよくわかりました。
世界の三大大会であるラグビーワールドカップが日本に来るというすばらしいチャンスがあるのにも関わらず日本国内ではほとんど課題にあがってきません。
子どもたちにラグビーの楽しさやラグビーの精神を知ってもらうことでラグビーへの関心が高まると思いました。【男性】

袋井市の教育関係者の方々がワールドカップを契機にラグビーを広めてくださることを知り、大変有意義なセミナーでした。
自分も県の職員としてラグビーワールドにカップの仕事を担当させていただくことになりました。
自分も含めてラグビーには無関心の層がまだまだあると思いますので、ラグビーを広める努力をしていきたいと思います。
また、ラグビーワールドカップは、静岡を世界にPRする絶好の機会であり、子どもたちや県民の皆様に世界を知っていただく絶好の場となります。
大変有意義な機会のため、是非ともみんなで協力して成功させましょう。
【市職員】

市や県の方、商工会議所の方、そしてラグビー協会の方がきているということによって今後の連携を視野に入れて動いていく必要があると感じました。
ラグビーの授業では、ルールからダンス、そしてタグラグビー指導の実際まで「ラグビー初心者」でもわかる組み立てになっているのが良かったです。
西阪先生からのご講演からは、オリンピックが日本に与えるプラスの影響、それが一瞬だけでなく、今後の日本の活性化につながる意義があるのだということを教えていただきました。【教師】

先生方の熱意と意欲に感心しました。
子どもたちにどのようにラグビーとスポーツの意味を広めるか一緒に考えていきましょう。良いアイデアがあれば、お知らせください。【県職員】


②長野会場(2015年6月27日(土)長野市にて開催)

本日、ラグビーワールドカップ2019推進教育セミナー長野が開催されました。


講師の西阪昇先生(公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会 事務局総長代理)が、Facebookに長野の感想を上げてくださっています。

https://www.facebook.com/noboru.nishisaka/posts/579698875...

■ ■ ■ ■ ■

本日は、私の大好きな長野でのラグビーワールドカップ推進セミナー。ゆっくりしたかったのですが、明日の東大阪大会のため移動中。

 開催地でない長野で、短い間で素晴らしいセミナーを開催いただきました。
 小松代表の道徳の授業と総括のお話し。高見澤先生、木内先生、金井先生、竹内先生の実践的な授業、すべて感心しました。スエマツ?先生のMC、迫力ありました。
 長野の先生方、本当にありがとうございました。
 ホームまで追いかけてきていただいた金井先生、感激です。

 特に、タグラグビー関係で、楽しいボールゲームや実際の試合指導で、参加の先生方が児童役で、真剣にそして楽しそうにやっている姿を見て、子供たちも絶対楽しんでやるだろうなと思いました。

 また、戸村先生、橋本先生も東京、横浜から熱心に参加いただき、感謝いたします。

 それにしても、このTOSSの先生方の献身的な活動、いつも頭が下がります。
 
 何らかの意味で、お返しができますように頑張りたいと思います。

■ ■ ■ ■ ■



感謝感激です!
西阪先生よりいただいた御恩を、
「ラグビーを広める」という形で返ししていきます。


長野のラグビーワールドカップ2019推進教育セミナーを報告いたします。



ラグビーワールドカップ2019推進教育セミナー長野

【日時】 2015年6月27日(土)午後14:00~16:00
【会場】 長野県教育会館 (〒380−0846 長野県長野市長野旭町1098)
【参加者】26名(事務局含む)


【参加者感想】

・ラグビーワールドカップが日本で開催されるということは、大きなチャンスになることが分かりました。ラグビーのことが学校で話題になることはほとんどないので、これから盛り上げていけるよう、子ども達とやってみようと思いました。タグベルトを使ったゲームは1年生でもできそうなので、早速やってみたいです。実際にやってみて、とても楽しかったです。少し動いただけでも運動量があり、熱中しました。ありがとうございました。

・西阪先生の講演、資料を使って分かりやすくお話を聴くことができました。また、続編をお聞きしたいです。

・タグラグビーがなぜTOSSの最先端でおされているのかの背景、バックボーンが鍛えられました。これから、学生のボランティアでやる予定なので、今日の学びを取り入れていい会にしたいと思いました。

・体験では、ラグビーの楽しさを味わうことができました。今年は研究授業で体育の授業をすることになっているので、やってみたいなと思いました。

・1年生の担任ですが、実際に具体的にやっていただいてイメージができました。クラスでやってみたいです。西阪先生のお話からラグビーを教育で取り入れていく大切さを学びました。まずは、ラグビーチャレランをやっていきたい(まとめていきたい)です。

・とても楽しい講座でした。金井先生や竹内先生の授業、変化のある繰り返しで、ひとつひとつルールが身についてすごいと思いました。できるところから、授業もやってみたいです。

・やっぱりスポーツは楽しいですね。特別支援学校ですが、準備運動も含め、ゲームもチャレランも一部だけでも取り入れて実践していきたいと思いました。

・ラグビーを広めていくことは、日本や長野県にとっていいことがたくさんあるんだなあと感じました。子どもの運動量の面でも、とてもやりがいのある運動だと思いました。ラグビーの歴史や運動の良さを勉強したいと思いました。

・汗びっしょりになりました。次々と楽しい活動が繰り広げられました。やることがはっきりとしていて、安心して授業に参加できました。どの学年でもできるのがすごいですね!ラグビーというと、授業でやる場合、体の接触が激しくてどうだろう…という心配がありましたが、これならできそうですね。汗びっしょり、でも知的な活動、ぜひやりたいです。


③大阪会場(2015年6月28日(日)東大阪市にて開催)

参加者

一般    69人

講師事務局 21人

来賓     5人

合計    95人

 

関西TODAY

でテレビ局の取材も入りました


100名近くが集まるラグビー大阪会場

ラグビー初心者にもわかる
ラグビーに関する模擬授業

ラグビーチームとのつながりが見える
ラグビー実践報告

荒れた子ども達も変化する
南條選手のタグラグビーを通した学校訪問

西阪先生によって示されたラグビーW杯の意義は、
データに裏付けられている。

そして、向山先生の特別講演。

ラグビーワールドカップとアクティブラーニング

これらをどのような「観点」から結びつけていくのか?

驚きの切り口だった。
これを聞けただけでも大阪に来た価値がある。
そんな圧巻の内容だった。

 

ラグビーワールドカップ2019推進教育セミナー大阪会場
やまなみプラザ(瓢箪山)にて。

 

【講座内容】
大会挨拶 野田義和 東大阪市長


講座1 ラグビーワールドカップ東大阪を盛り上がる模擬授業
    田中直行(奈良) 中谷康博(大阪) 溝端達也(兵庫)

講座2 タグラグビースポーツ実践報告
    京極整一(大阪)
    
    南條賢太氏(元トップリーガー 東大阪市役所)

講座3 ラグビーワールドカップの概要
    西阪昇氏(ラグビーワールドカップ組織委員会参与)

特別講演 ラグビーと教育最前線
    向山洋一氏(TOSS代表)


参加者の感想(一部抜粋)

1私自身が東大阪で生まれ、育ち、東大阪で教員をしています。

 東大阪は、ラグビーのまちと言われながらそれほど

 市民に浸透していないように感じています。

 ラグビーのもつ素晴らしさを子どもたちの伝えきていないと

 思いました。

 また、本年度も、南條先生に本校に来て頂けるのが楽しみ

2ラグビーのこと全くしらなけれど、ラグビーのことをもっと

 知りたいと思いました。

 南條さんのことも知らなくて今日は初めてお話を聞いて

 一気に引き込まれていきました。

3中河内(八尾、東大阪、柏原)

 で学生時代を過ごしたのでラグビーは当たり前でしたが

 現在、南河内では、まったく認知度がなく驚きました

 世界三大スポーツと言われながらこの状況ですので

 まず、タグラグビーから広げていきたいです。

4地域再生のため、教育のため、ワールドカップがあることが

 勉強になりました。

 西阪先生がおしゃられた「日本がこれほどまでに注目されることがない」

 という言葉が印象的でいsた。

5南條さんのお話を聞いて感動しました。

 田中先生や太田先生からお話を聞いていますが

 ぜひ、うちの学校にも来て頂きたいとなあと思いました。

6南條さんのお話がよかったです。

 20年ほど前、わが子と花園ラグビー場へ

 高校の試合を見に来たことを思い出しました。

7南條さんのお話は、地元の子どもたちの話がたくさんあり、

 とても楽しくお聞きしました。

 ラグビーはボールを前に走るスポーツであり、

 子どもたちにとっては、あまり経験のないことで大好きなんだということが

 わかりました。

8南條さんの話に思わず、私も涙があふれてきました。

 やんちゃな子どもたちも元からだったわけではない。

 けっして教師批判はされませんでしたが、

 自分たちも襟を正そうと思いました。

9東大阪がラグビーワールドカップに向けて頑張っておられることが

 ひしひしと伝わってきました。

 日本で一番熱い街になって下さい。

 神戸も負けません。

10南條さまのお話が聞けてよかったです。

 笑いあり、涙あり、子どもたちの様子が思い浮かぶようでした。

 西阪先生からの3つの視点、自分の周りにも伝えて参ります。

 です。


④神奈川会場(2015年7月11日(土)新横浜市にて開催)

【日時】7月11日(土)13時〜15時

【場所】日産スタジアム内 横浜市スポーツ医科学センター
【参加人数】137名(参加者:123名(来賓15名含)事務局:14名)


ラグビーセミナーは休憩時間もすごい。

音量がすごかった。

「交流の音」ってこんなに響くのかと思った。

文科省の方
地元の議員さん
ラグビー協会の方
ラグビー組織委員会の方
そして各地のTOSSの先生方

多種多様なコミュニティの方々による「交流」

そして、今回はさらに、
元日本代表・田沼選手との握手会という「交流」

様々な「交流」が生まれた休憩時間となった。

この「交流」が、
これからの各方面の社会貢献活動にリンクしていく。


【講座内容】
● 講座1 来賓挨拶 10分

● 講座2 テキストを使った模擬授業 10分
「ワールドカップ2019」について(千葉 平山先生)

● 講座3 ラグビーに関する模擬授業 各10分
1)歴史「ラグビーとスポーツインテグリティー」(東京 佐藤先生)
2)タグラグビー実践(山梨 根津先生)
3)道徳「田沼広之選手」(神奈川 西尾先生) 

●講座4 ラグビー元日本代表による講演 15分(田沼広之様)

○休憩10分

● 講座5 ラグビーセミナー静岡の実施報告 10分

●講座6 2019年ラグビーワールドカップを見据えたスポーツ教育の実践報告 10分(茨城 郡司先生)

●講座7  基調提案 15分(西阪昇様)
西阪昇公益財団法人ラグビーワールドカップ 2019組織委員会参与
ラグビーワールドカップ2019組織委員会の参与である氏が、
今後どのように教育とラグビーをつなげていくか基調提案をされます。

<アンケートより抜粋>
◯神奈川・女性
本日セミナーに参加させていただきありがとうございました。このようなセミナーに参加したのは今回が初めてで、初がこのラグビーセミナーで良かったです。ラグビーを通して、子どもたちにスポーツ・運動の楽しさを教えていけたら良いなと思いました。「成功⇄あきらめない」という言葉に感銘をうけました。今後も努力を惜しまず、学んでいこうと改めて思いました。本日は本当にありがとうございました。

◯東京・男性
参加してよかったです。セミナーの組み立てがとても考えられていると感じました。実践発表とW杯開催の意義と、そしてタグラグビーを学校で実践していきます。田沼さんかっこいいです。写真を違って、これぞスポーツマンという体型で感動しました。もちろんお話にも。根津先生の数値を入れて、検証、すばらしかったです。平山先生、佐藤先生、西尾先生、郡司先生の発表もさすがTOSSの先生でした。それぞれのテーマに正対していました。西阪先生いつもありがとうございます。これからも普及に私も尽力しています。桜japan応援します。

◯岩手・男性
岩手県大船渡市から参加しました。11月7日(土)釜石会場の事務局をします。今日は参加して本当に良かったです。釜石会場も参加してくださる方でいっぱいにします。明日も釜石市鵜住居町の宝来館に行ってきます。田沼さんの熱いお話にしびれました。熱を岩手へ持ち帰ります。タグラグビーは、釜石市で教員をしているときに、市内の小学校で行っていました。本当に熱中するすばらしいゲーム(競技)です。大船渡市でも広めて行きたいと思います。(私の学校は教材としてあります)西阪先生のお話、子どもたちにRWC2019のことをどんどん広めて行こうと思いました。2年連続の世界中から注目される大会。日本が180°変わるような気がしています。その中にいる幸せを感じています。講師の皆様、事務
局の皆様、本当にありがとうございました。

◯神奈川・女性
テキストを使った模擬授業、ラグビーに関する模擬授業ともにすばらしかったです。タグラグビーのすばらしさをあらためて知りました。ボールをもたない子が少ないこと、トライの数の多さ、実践のデータが示されたこと、大変説得力がありました。またNo Side の精神は感激しました。昔からの日本の精神であることもうれしかったです。田沼さんのお話も一言一言が重みのあるものでした。“あきらめない”子どもたちにタグラグビーを通して教えたい事。とにかくすぐにタグラグビーを教えたいです。2学期に実施します。

◯東京・男性
本日はありがとうございました。私自身、高校、大学とラグビーを経験していました。2019年日本でラグビーワールドカップが開催されると決まり高い関心があります。また、ラグビーが普及してほしいという思いは、学生時代から思っていました。今回のワールドカップ開催をきっかけに日本にラグビーが普及していくことを願いながら、自分自身も教師としてその一役を担うことができたらと思いました。ありがとうございました。

◯東京・男性(学生)
本日は貴重な機会を設けて下さり、有難うございました。私自身、ラグビーをやったことも、試合を観たこともなかったので、大変勉強になり、ラグビーにとても興味を持ちました。まだ私は学生ですが、大学の友達にもラグビーを知らない人は多くいると思います。そういった人たちに、自分が今日教えて頂いたことを、伝えていけたらいいなと思います。講師の方々、事務局の方々、お忙しい中本当にありがとうございました。

◯山梨・男性
つながる・広がることが大切だと思いました。ラグビーの競技人口が少ない事、ラグビーワールドカップがどういう大会なのか知らない人が大事だと思います。日本で開催されるということなので、身近に見ることができると思います。少しでも、ラグビーを身近に見ることができると思います。少しでもラグビーを身近に感じさせるにもできる範囲で応え、様々な団体と繋がって行くことが大事だと思いました。ラグビー指導者講習会なども大事ではないかと思いました。ありがとうございました。

◯神奈川・男性
根津先生の講座素晴らしかったです。全員がトライできる、成功体験がもてることをしっかりとデータを元に示されたことに感銘を受けました。田沼選手の講演がとても良かったです。西尾先生の授業を受けた後だからということもありますが、努力を重ねて一流になった人の言葉の重みを感じました。本物に出会うという体験は素晴らしいです。子どもたちにもこういう出会いをさせてあげられたらいいなと思いました。いつもながらですが、TOSSの先生方のテンポの良さが心地よかったです。

昨日は、神奈川会場
本日は、愛知会場、
そして8月2日は全国大会です!

ラグビーセミナー参加集約
(サマーセミナーお申し込みの先生方へ)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8ec46c86375987


ラグビー全国大会のお申し込み・詳細情報はこちらです。

お申し込み https://ssl.form-mailer.jp/fms/7a68886a369731

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラグビーワールドカップ2019推進教育セミナー全国大会

日時:2015年8月2日(日)15:00~16:30
会場:東京ビックサイト7階

主催:NPO法人TOSS 主催:公益財団法人ラグビーワールドカップ組織委員会
後援:文部科学省、公益財団法人ラグビーフットボール協会

講座内容(予定)
【第1講座】公益社団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会からの挨拶
【第2講座】ラグビー実践発表・実践選考
【第3講座】模擬授業①「ラグビー日本代表」(伴一孝先生)
【第4講座】模擬授業②「ラグビーW杯2019」(谷和樹先生)
【第5講座】基調提案(西阪昇ラグビーW杯組織委員会事務総長代理)
【第6講座】向山行雄氏による講演
【第7講座】TOSS代表 向山洋一氏による挨拶

お申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/7a68886a369731

HP:http://rugby2019-zenkokusemi.jimdo.com